読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえる店長のもんぺとくわブログ

きれいな水と元気な土、天日干しで、お米を作っています。

ワイン(プロトタイプ)をボトリング(2016年4月17日)

f:id:kaeru-tencho:20160421140558j:plain

ボトリングの日を迎えました

 

f:id:kaeru-tencho:20160421140611j:plain

打栓器(瓶にコルクで栓をする器械です)はもちろん人力

 

f:id:kaeru-tencho:20160420235544j:plain

小さな樽から300ccの瓶12本あまり

 

去年の11月29日に樽に詰め、およそ140日を数えた本日、ボトリングです。
プロトタイプというのは試作品のことで、モンペトクワのあるこの土地で育つブドウだけを使い、ブドウが育つ環境と同じこの場所でワインを造るという描いた夢への途中です。

 

f:id:kaeru-tencho:20160420235557j:plain

f:id:kaeru-tencho:20160420235600j:plain

f:id:kaeru-tencho:20160420235607j:plain

かえる店長がまだ冬眠中の3月初旬、ふたりの丁稚が新たなブドウ畑の開墾に臨みました。

今回のプロトタイプ用のブドウは、栗畑の際の土手を利用して植えた苗木に実ったものです。
ブドウにとって適所とはいえず、かといって夢のまま終わるかもしれない夢に最初から大きな労力をかけるのもためらいがあり。
ブドウが育ち、醸造が終わり、樽に詰めるという工程とともに、ブドウだけの畑を作ることの意思も強くなり、ボトリングの前にブドウ畑の工事に着手しました。

 

f:id:kaeru-tencho:20160420235625j:plain

f:id:kaeru-tencho:20160420235634j:plain

3月5日、長い支柱をしっかりと打ち込み、翌日の6日にブドウの苗木を植えました。ブドウ畑の誕生です

 

f:id:kaeru-tencho:20160420235652j:plain

およそ一か月後の4月16日、芽吹きました

 

f:id:kaeru-tencho:20160420235701j:plain

そして、今年もまたタケノコの季節になりました