読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえる店長のもんぺとくわブログ

きれいな水と元気な土、天日干しで、お米を作っています。

望(2017年3月12日)

f:id:kaeru-tencho:20170315180428j:plain

東の空に満月ぽかり

 

太陽と地球と月が一直線に並ぶ満月の夜、モンペは月の明かりに包まれます。
月明かりに浮かぶ景色は、なんとなく恥ずかしくなるほどはっきり。
歩けば道に自分の影がくっきり。
水を張った田んぼに月の光がさらさら。

月齢と植物の関係は以前から研究されていて、わかってきたことがたくさんあります。
たとえば中南米では、野菜の播種や収穫は月が膨らんでいくときがよいのだそうです。
根菜や葉野菜、夏野菜などにより異なりますが、
剪定にしてもそう、収穫後に糖分が増してゆくブドウや栗の場合はどうと、
細かい決まりごとがあるのです。
月齢に沿う農作業。
今年は少し考えてみたいと思う月夜でした。

樹齢40年の栗の木(2017年3月3日)

f:id:kaeru-tencho:20170308190908j:plain

栗の木を剪定して、株の周りに肥料を撒きました

 

春のような陽気と冬の冷え込みが交互に訪れるこの時期、
栗にとってはとても辛い日々となります。
栗の耐凍性は厳寒期の1、2月に最高となり、3月になると急速に低下します。
一方、枝の含水率は冬の深まりとともに減少し、2月下旬から一気に増加します。
耐凍性が低下する早春に木の水分含有量が増えることが凍害の大きな要因。
凍害に遭って枯れた枝をすぐに見つけて切り取っても、木そのものが助かるとは限りません。
モンペの栗畑でも毎年数本、これまでに10本が凍害に遭って枯れました。
山の斜面など傾斜地であればこれほどの被害はないのですが、
田んぼのあとを利用すると水はけの問題があって凍害に遭いやすくなります。
数年前から凍害対策として株緩めをしていますが、それも万全ではなく。
三寒四温のこの時期を無事に乗り越えてほしいと願うばかりです。

 

f:id:kaeru-tencho:20170308195820j:plain

樹齢40年の栗の木(石戸観光農園にて)

 

モンペの栗が樹齢40年を数えるころ、私はいません。
ですが、大きな栗の木の姿をいつも心に置いて、
一本枯れれば一本苗木を植え、一本枯れればまた一本の苗木を植えます。

40年を超えて100年ともいわれる栗の樹齢を夢見ながら。

ふきのとう(2017年1月28日)

f:id:kaeru-tencho:20170217190412j:plain

大雪から二週間後のまかない畑

 

f:id:kaeru-tencho:20170217191049j:plain

家の周囲はまだこんなんです

 

f:id:kaeru-tencho:20170217191541j:plain

解けはじめた雪の下にふきのとうを見つけました

 

f:id:kaeru-tencho:20170217191641j:plain

春の予感

 

雪まだ残るモンペの畦道でふきのとうを見つけました。
雪が解ければ両手のひらにあふれるほど見つかることと思います。

雪は天から送られた手紙である(2017年1月21・22日)

f:id:kaeru-tencho:20170125112529j:plain

先週の大雪から一週間後のモンペの朝

 

f:id:kaeru-tencho:20170125112623j:plain

f:id:kaeru-tencho:20170125112747j:plain

池の下のシイタケのようすを見に行くと杉がぎりぎりに倒れていました

 

f:id:kaeru-tencho:20170125112903j:plain

雪が降り、最低気温氷点下が続くなか、シイタケは出ます。これまでの気温が高かったせいもありますがやっぱりおかしい。でも「雪下シイタケ」はおいしい

 

この週末のモンペは番頭さんが一人で留守を守りました。
番頭さんは村の林務委員をしていて、この週末は日役。
山に入って「ゲンキマツ」の苗木を植えます。
昨年は500本を植え、今年は1000本を植えます。
マツタケよみがえれミッションです。
背中に担いだ籠からこぼれるマツタケを拾おうともしなかったという昔日よ、よみがえれ、です。

 

f:id:kaeru-tencho:20170125113338j:plain

三尾山への林道

 

f:id:kaeru-tencho:20170125113501j:plain

三尾山の登山者のために設けられた一本松の駐車場にたどり着けず。日役当日も駐車場として利用されるのですが、こういうわけで日役は日延べとなりました

 

ゲンキマツがそれなりの大きさに育ちマツタケが現れるころ、番頭さんは寿命を迎えているかもしれません。

今、日役で山に入っている人のどれだけが、マツタケを目にすることができるのか。
でも、ゲンキマツは山を守ろうとする人の心の象徴です。
山を守るには気力、関心、責任と体力が継続して必要です。
継続には報酬という支えがあってもいいじゃないか。
で、マツタケ(笑)
山を守るということは人一人の寿命で完結するものではなく、報酬のためには維持管理が求められます。
遠い日の思い出を遠い日の夢につなげるミッションの始まりです。

 

それは、中谷宇吉郎が雪を作る実験にも似て、自然への挑戦かもしれません。

中谷宇吉郎は「雪は天から送られた手紙である」という言葉を残しました。
彼は人工雪(雪の結晶)を作る研究において世界的に有名な科学者です。
人工雪を作る試行錯誤の中で彼は思います。
「やはり、雪のようなものは天然こそ全く無造作に出来るものであるが、人工的に作ることはなかなか困難であろうという気がして来た。」と。
そして、十勝の山で美しい雪の結晶の数々に出会い「こんな物を人工的に作ろうとする企てすら、何だか自然に対する冒瀆のような気がして来るのであった。」と書き残しています。
マツタケもまた実験室での試験ではほとんど発芽しません。
胞子の発芽を阻害する要因や発芽に適した条件、発芽を高める条件などが未知だからです。


マツタケが好む環境を再生すること。

20年から30年後、「正夢」に出会えることを祈ります。

モンペトクワに雪ふりつむ(2017年1月14・15日)

f:id:kaeru-tencho:20170117132514j:plain

庭から眺める三尾山(1月15日朝)

 

1月14日、朝目覚めて障子を開けると雪。
この冬一番の寒波はモンペトクワにも雪を降らせました。
お正月には雪が積もることが多かったのですが今年は暖かく、
ユキヤナギがぽつぽつと花を咲かせたり椎茸が出たり。
しかし、輪島の上空5000m付近に−41度の寒気が入るとさすがに雪が降ります。
(最近は輪島とは表現されません)
年に一度あるかないかの最強寒気は、三尾山を眠らせるように降り続けました。

 

f:id:kaeru-tencho:20170117134729j:plain

家のすぐ横の道も積雪で溝がわからず

 

f:id:kaeru-tencho:20170117135041j:plain

畑仕事の合間の休憩にとこしらえた木の椅子にも雪はふりつむ

 

f:id:kaeru-tencho:20170117135328j:plain

昨日(14日)からの積雪量30cm

 

f:id:kaeru-tencho:20170117135516j:plain

人の気配なく音もない雪道を栗畑まで歩いてみることにしました

 

雪が降る中、子供のはしゃぐ声が聞こえてきます。

田畑の法面は雪が積もれば格好のそり遊びの場に変わりますが、
声はすれども姿は見えず。
ははぁんと、栗畑の方へ辻を曲がれば、やっぱり。
ため池の斜面、吹雪の中に子供の影ふたつ。

 

f:id:kaeru-tencho:20170117140120j:plain

出かけるとなれば天候や道の状態など考えず、自転車

 

f:id:kaeru-tencho:20170117140200j:plain

そりの代わりは肥料などの袋

 

歩くのもやれやれの雪道を自転車をおして来たのでしょうか?

子供にとって自転車は移動手段にとどまらず。

なにかしらの関係性を物語っているようで---。

 

f:id:kaeru-tencho:20170117141538j:plain

池の下の栗畑。今年の凍害はいかに

 

f:id:kaeru-tencho:20170117142142j:plain

雪かき

 

ついでながら、冬になるとモンペの家は、南側にある小さな山が作る影にすっぽりと入ります。

夕方を待たずに日が陰ります。
そのため屋根に積もった雪も溶けず。

庭もまかない畑も周囲の道もモンペだけがいつまでも白いのです。

溶けても日が差さないのでたちまち凍ります。
路面は凍れば滑ります。
モンペの家の周りだけが冷凍庫状態になります。
雪はモンペを眠らせるように降り、積もります。

寒中お見舞い申し上げます(2017年1月12日)

f:id:kaeru-tencho:20170112165818j:plain

三尾山頂から北を望む

 

f:id:kaeru-tencho:20170112163804j:plain

三尾山頂上の松の枝にかかる記念のプレート

 

お正月の三が日は穏やかな日和でした。
モンペトクワで米作りを始めて9回目のお正月。
初めて登る三尾山です。

三尾山は標高586mながら三つの頂を持ち、裾野をゆったりと広げたたおやかな姿をしています。
モンペの田畑を見下ろすようにあり、見上げれば、いつも、そこに。

毎年行われる元旦登山には地域の小学生も参加します。
私たちは1月3日の箱根駅伝復路の青山学院のゴールを見てから山に向かいました。

 

f:id:kaeru-tencho:20170112172125j:plain

f:id:kaeru-tencho:20170112171520j:plain

 林道を森林浴気分で歩いているとひょっこり現れる佐中(さなか)峠

 

佐中峠からは15分ほどで稜線に出ます。

登山道は整備されていますが、膝でぐいと体を持ち上げるような段差もあります。

久しぶりに腸腰筋を使う!感じですが、きつさは続きません。
稜線には近畿自然歩道の標識があります。
左、三尾山の頂上へ向かいます。

 

f:id:kaeru-tencho:20170112172325j:plain

鏡峠に向かうコースとの分岐点に立つ標識

 

f:id:kaeru-tencho:20170112174306j:plain

400mもあるのだろうかという印象あり

 

f:id:kaeru-tencho:20170112174940j:plain

むかしむかし、山城があったとさ

 

頂上に着いたのは15時09分。

太陽が西に傾きかけて景色がうっすらと褐色を帯び始めました。

頂上には中世の三尾城跡と曲輪らしき跡があります。

 

f:id:kaeru-tencho:20170112180329j:plain

頂上から東を望めば多紀連山の御岳(793.4m)の姿が凛々しい

 

モンペでお米を作るようになってから山登りをしなくなりました。
もちろん時間がないからですが、
真夏の田んぼで終日草を引いているときや延々続く畑の土木工事の際などは、
「山に登っていてよかった」とつくづく思いました。
気力と体力と辛抱が養われ、

たいていのことではへこたれないようになっていたからです。

ですが、冬も春も夏も秋も、北アや南ア、剣に登り続けて20年。

やはり、山は恋しい。

今年は森林限界線を超える山登りをしてみたいと、密かに思う三尾山登山でした。

 

旧年中はお世話になりました。
本年も引き続きおつきあいくださいますようお願い申し上げます。

(モンペトクワ スタッフ一同)

黒豆収穫体験ツアーその2(2016年11月1日)

f:id:kaeru-tencho:20161118173504j:plain

 

f:id:kaeru-tencho:20161118173540j:plain

根っこごと引き抜くたくましき方々は何故か女性に偏ります

 

f:id:kaeru-tencho:20161118174146j:plain

 10月29日に続いて11月1日にも黒豆収穫体験ツアーのお客さまを迎えました

 

朝から雨が降ったり止んだり。濡れた土で靴が汚れるのも気にせず、どしどしと畑に。

お気に入りの一株を選んでいただいて、丁稚が鋏を持って走るのですが、足を踏ん張って体全体で株ごと引っこぬくツワモノもいらっしゃいました。
どういうわけか若いご婦人が目立ちました。

あちこちの黒豆の枝豆の収穫現場を見学に行く丁稚が言うには、
「モンペにお越しくださる方は、ほかの畑では見ることがないどしどしタイプです」
黒豆は根がしっかり張っているので大根のようには抜けません。
根っこごと引き抜き大会!なら全力で臨みますが。
とにもかくも、元気でにぎやかでたくましい御一行。

来年のお越しをモンペ一同、心待ちにしております。

ありがとうございます。

 

f:id:kaeru-tencho:20161118181211j:plain

黒豆の発送の準備に追われる丁稚

 

 11月5日は久しぶりの秋晴れとなりました。

注文をいただいた黒豆を週末の二日間で発送します。

毎年夜鍋になります。

6月の播種からこの日まで今年は不安を抱え続けました。
苗がしおれ、夜盗虫が発生し、株によっては葉の一面を覆う幼虫の数に悪寒がするほどでした。
それでも育ってくれたことに感謝。
夜鍋はしんどいですが不安を抱えて過ごした日を思えばなんのその。

 

♪♪♪ふけゆく秋の夜 旅の空の わびしき思いに ひとり悩む♪♪♪

旅愁って美しい歌ですねと丁稚がぽつり。

美しい歌がみな悲しいのはなぜだろうと高村薫の「神の火」にありましたね。

♪♪♪恋しやふるさと なつかし父母 夢路にたどるは さとの家路♪♪♪

ささやくように歌う丁稚の声がふけゆく秋の夜に染み入るようでした。