かえる店長のもんぺとくわブログ

きれいな水と元気な土、天日干しで、お米を作っています。

黒豆を畑に移植(2018年7月8日)

f:id:kaeru-tencho:20180710144346j:plain

黒豆のお引越し、ほぼ終了

 

天気が回復に向かいつつある8日。
黒豆を畑に定植しました。
豆科の連作(同じ畑で続けて栽培すること)は生育が不良になり収量が減る、枯れるなどの障害が出やすいのですが、
モンペでは同一の畑で今年3回目の栽培になります。

連作障害には大きく二つの原因があります。
ひとつは、連作により特定の病原菌が土壌中に増殖する土壌病害。
収量が伸びません。
もうひとつは「忌(いや)地現象」とも呼ばれるもの。
根から出る青酸配糖体などが生育を阻害することがわかっています。
青酸配糖体というのは植物性の毒です。
豆科の場合「忌地現象」が発生しやすく、3〜5年の間隔で輪作を行う必要があります。
なのになのに三年目。

これにはちょっとしたワケがあります。
定植の際、掘った穴に木灰をぽいっと放り込んで、苗を植える。
そうすると連作障害が起こらないと村の長老曰く。
毎年宣う。
しかし、それは土壌障害対策であって忌地現象は防げるのだろうか---。
そもそも、畑の代替案はなかったのか---。
まぁ、ここでは語り尽くせない事情がありまして、長老のご意見に従うことに。

 

f:id:kaeru-tencho:20180710144537j:plain

大雨の後の谷には水が溜まり足元どろどろに

 

木灰をぽいっ、苗を植える。木灰をぽいっ、苗を植える。
ひと畝20株ほど植えると、この作業が辛くなってきます。
そこで、木灰をぽいっぽいっぽいっと先に放り込んで苗を植えてゆく。
これも、次第に面倒くさくなってきます。
行ったり来たりすると、谷に溜まった水で土をこねることになり、足元ぐちゃぐちゃ、歩きにくい。

 

来年は直播しよか---のつぶやきが出たところで、今年の黒豆の引越し終了。

大雨特別警報(2018年7月7日)

f:id:kaeru-tencho:20180709184808j:plain

氾濫した川ではなく、田んぼです

 

7月7日(土)の01時22分。
緊急速報メールが鳴り響きました。
枕を並べて---という形ではありませんが、4人の枕元で一斉に。
07時20分にこの日2度目の緊急速報メール。
08時40分には隣接の篠山市役所から
『【緊急】市内全域に避難勧告発令』の緊急速報メールが届きました。

前線の影響で記録的豪雨に見舞われた4年前(2014年)の8月16,17日を思い出し、
たいへんなことになりませんようにと祈るほかなく。

 

モンペ界隈では今回の西日本豪雨による被害はありませんでした。
しかしながら、田んぼの稲が水没する被害を受けた地域も少なくありません。

写真は洪水に見舞われた田んぼです。
モンペからクルマで15分ほど。
この雨が降るまでは分蘖期を迎えた稲が青々と育ちはじめ、風に吹かれて波打つ景色が広がっていました。

 

農業は自然との共存。
自然が牙をむけばひとたまりもありません。
それでも人は、多種の感情を後に残して、前を向きます。

できることから、できることを、モンペもそうありたいと思います。

黒豆発芽(2018年6月30日)

f:id:kaeru-tencho:20180705162828j:plain

520粒、播きました

 

6月中旬が黒豆の播種(種まき)の時期になります。
去年から省力化を図りセルトレイを利用しています。
今年の播種は例年よりやや遅く6月23日。
一週間もしないうちに一つ二つと発芽して、
一週間後には播いた種520個の発芽を確認。
次の週には畑に移し植えます。

水かき族の卵(2018年6月19日)

f:id:kaeru-tencho:20180622180150j:plain

カルガモの卵でしょうか

 

田んぼの水の様子などを見ながら畔を歩いていたら、三つの田んぼの畔が交差するところだけ草が刈られずに。
なんでかな?と草の中をのぞいてみたら---。
卵が11個。
田んぼに水鳥が飛来することはありますが、巣を見たのは初めてです。
巣の周りの草を刈ると親鳥は戻ってこないといわれています。
ですが、草を刈る前にまず巣があるかないかを確認する、という作業はなかなかできません。
巣を見つけたとしても、草は刈りたいし。
カラスやアオサギ、ニョロニョロ、キツネもいます。
卵は食べられてしまうのかもしれません。
保護のタイミングを逸している可能性も、あり。
これも水かき族にとってはサバイバルのひとつなのでしょうか---。

ゴールドラッシュ(2018年6月18日)

f:id:kaeru-tencho:20180621161802j:plain

雌花の金色のひげ(絹糸)一本が一粒

 

ご近所の農家さんにお願いして、モンペの畑のひとつでスイートコーンを作っていただいています。
モンペの関係者の一人が、スイートコーン収穫体験をしてみたいと言い出して。
スイートコーンはモンペがある春日町の特産品で、夏の贈答用として人気があります。
品種はゴールドラッシュ 83日タイプ。
金色に輝く粒がぎっしり並んでいるのでゴールドラッシュ。

 

f:id:kaeru-tencho:20180621163123j:plain

茎の先端のススキの穂のような雄花が花粉を落とすと---

 

f:id:kaeru-tencho:20180621163319j:plain

 下にいる雌花の絹糸(けんし)が受粉

 

金色のヒゲは粒の一つから一本が伸びているので、粒とひげの数は同じになります。
粒の数は品種により異なるものの、だいたい600粒ぐらいといわれています。

スイートコーンは夏が旬の食べ物。
粒の黄色が太陽の色のようで元気をもたらしてくれます。
収穫は7月10日あたり。
そろそろ、です。

くりの花(2018年6月17日)

f:id:kaeru-tencho:20180621155806j:plain

今年のくりの花の開花は昨年より二日早く、平年より七日早いそうです

 

くりは一本の木に雄花と雌花をつけます。
花はふさふさとしたモールのような穂になって咲くので花穂と呼びます。
花(の)穂と書いて「かすい」。
90〜150個の雄花が集まってふさふさを形成し、雌花は花穂の基部に1〜3個つきます。
すべての花穂に雌花がつくのではなく、雄花だけをつける雄花穂(ゆうかすい)と、雄花と雌花の両方をつける帯雌花穂(たいしかすい)があります。
雌花の中には子房が三つ入っていて、真ん中の子房が先に大きくなり、続いて両側の子房が伸びて受粉、受精します。
イガの中に栗が3個入っているのはこういうわけです。
くりの実が3個入った大きなイガの割合が多くなるように、くり栽培の教養と技術を高めることに日々の努力が求められます。

くりの木陰(2018年6月16日)

f:id:kaeru-tencho:20180620181551j:plain

草刈りのあとは刈った草を集めます

 

くりの苗木55本を園に定植したのが2010年の冬。
今年8年目となるこれまでに、
予想外の雹、想定内の凍害、草刈り中の不慮の事故などで7本を失い、生存は48本。
凍害防止対策として行った株ゆるめの影響(モンペでは副次的効果と呼んでいます)で、斜めに傾いている木もあります。

 

f:id:kaeru-tencho:20180620181724j:plain

人が座れば隠れることができるほどの木陰ができるようになりました

 

草を集めながら、枝の分岐点や地上1m内の主幹部をよく観察します。
卵の殻や木屑を見つけたら耕種的防除を行います。

耕種的防除って何だ?です。
簡単に説明すると、
栗園の環境条件を適切に選択し、
病害虫が発生しにくい条件を整え、
発生を抑え、被害を軽くする、ことです。
とくに木屑は、栗の木に大きなダメージを与えるカミキリムシ類が産卵している恐れがあります。
木屑を見つけたら樹皮下に卵がないかを探して「見つけたらたたきつぶす」。
くり栽培のテキストの病害虫防除の欄には、なんとも刺激的な言葉が綴ってあります。